ホームBAND OFFICIAL MERCHANDISEDEATH HORN■DEATH HORN_BLACK FOREST CD■
■DEATH HORN_BLACK FOREST CD■
■DEATH HORN_BLACK FOREST CD■

収録曲:全7曲
1:Nightmare 2:Black Forest 3:Decaying World 4:Mercyless Sniper 5:Wrath 6:The End 7:Eternity



DEATH HORNが道標するサウンドは、90年代初頭に台頭した北欧デスメタルの様な暴力的かつ物悲しいサウンドを主軸としており、ハードコア出身のHiroshiとRIVERというストーナーロックバンドで活動をしていたSoutatsuによる、メロディアスで攻撃的なツインリードが聴く者の耳を惹き付ける。Hiroshiは動、Soutatsuは静、と云う印象であり、対照的なギタリスト二人が奏でる独創的なデスラッシュサウンドが彼等の大きな特徴となっている。

Hiroshi同様、VoのYujiはハードコアシーンで活動を行っていた経歴があり、純粋なメタルバンドとは明らかにバックボーンが違う事がバンドのスタイルやサウンドからは勿論、特にライヴにてその片鱗が感じ取れる。ステージ上に佇む彼等の雰囲気は、観る者を圧倒する威圧感に溢れている。

DrのNozomiはドラム講師の顔を持ち、テクニック的に十二分な腕前をDEATH HORNの為に披露し、バンドの主軸となる屋台骨を堂々と支えている。彼は様々なジャンルで活動を行う音楽クリエイターの卵でもあり、また今回のアルバムでもエンジニアを兼ねており、バンドに取って大きな役割を果たしているマルチミュージシャンでもある。

彼等のサウンドを一聴すると、音の印象はAT THE GATES、THE HAUNTED等の北欧デスメタル系からの影響が色濃く見えるが、日本のメタルバンドのみが持つ独特の邪悪な雰囲気と、ハードコアバンドが持つ緊張感、そして完全なるテクニックを兼ね備えたバンドであり、それらを独自の解釈で構築しDEATH HORNのサウンドの核となっている事が大きな特徴であり最大の魅力と言える。

Text by JERO(ABIGAIL / Captured Records)

https://ja-jp.facebook.com/DeathHorn
http://www.audioleaf.com/deathhorn/
https://twitter.com/deathhornoffici

DEATH HORN Biography

2010年中頃、Hiroshi(G)がDEATH HORN以前に組んでいたハードコアバンド、REBEL MONKEYのメンバーでもあったYuji(Vo)に声掛けをしたのが結成のきっかけである。
結成当初はメンバーチェンジが激しく、リハーサルを繰り返しながらメンバーを探すといった状態が一年以上続いた。

2011年中旬、元RIVERのSoutatsu(G)が加入する事となり、バンド名をDEATH HORNに命名。Soutatsuの加入を機に、現在のDEATH HORNの楽曲カラーであるツインリードを生かしたスタイルが徐々に組み立てられていく事になる。

2012年上旬、ヘルプメンバーを加えながらレコーディングやリハーサルを重ねる。
同年5月、早稲田ZONE-Bにてデビューライブを行い、その後も都内の色々なライブハウスで定期的にライブを行っていく。

同年11月、東京のスラッシュメタルバンド・UNDERSIEGEと共同企画であるWAR ENSEMBLEを開始。同企画にはこれまでASSEMBRAGE、COFFINS、NEPENTHES、兀突骨、BLACK PEARL、DEATHLIKE SILENCE、ORGASM GRIND DISRUPTION、SATANIC HERITAGE等の強豪が参加し、話題となる。

2013年3月、1stデモとなるIt Pierces Through A Brainを発表。
このデモが国内外のアンダーグラウンドシーンにて反響を呼び、Obscene RitualやTill Your Death等のスラッシュ系イベントに参加を重ね、徐々に頭角を現していく事になる。
2013年6月、Nozomi(Dr)が加入し現在のラインナップとなる。

2014年7月、Captured Recordsより1stアルバム『BLACK FOREST』を発表。

DEATHHORN are
Vo.Yuji (ex-REBEL MONKEY)
G.Hiroshi (ex-IMPULSIVE、REBEL MONKEY)
G.Soutatsu (ex-RIVER)
Dr.Nozomi
B.Sidma (サポートメンバー)

商品の色味は、パソコンのモニターの設定・性質の違いや、実物をご覧になる環境(光量、明るさ)によって差異が生じる場合がございますことを予めご了承下さい

他の商品と同梱包を希望される方はその旨を必ず備考欄に記載下さい。

The overseas customer, please do not put this product in a cart. The shopping site is only Japanese version.You order by an email from the following links.

→→→→OVERSEAS ORDER IS HERE←←←←

・ 販売価格
1,620円(本体1,500円、税120円)